No.069「名を継ぐ者」

このページは約5分で読めます。
記事内容は掲載日時点で判明している情報に基づきます。過去の記事は、最新の内容ではない点にご留意ください。掲載後にゲーム内で仕様変更等が行われることもあります。仮説等は掲載後に異なる事実が判明していることもあります。
Astoltia Side (DQ10)クエストガイド武闘家転職・職業
 
No.069「名を継ぐ者」

No.069「名を継ぐ者」

この「ドラクエ10 クエストガイド」は、そのクエストの概要(初回報酬など)、クリアまでの手順動画解説(感想、考察など)で構成しています。攻略手順では具体的なストーリー内容に触れてはいませんが、動画や解説をご覧になる際は、そのクエストおよび関連するメインストーリーなどのネタバレにご注意ください。

ドラクエ10 クエストガイド を初めてご覧になる方は、記載方法などの概要について「ドラクエ10 クエストガイド…のガイド」をご確認ください。

スポンサーリンク(広告)

クエスト概要

※報酬などの内容は、動画収録時点のものです。
※リプレイ報酬、特訓ポイント報酬については説明を省略しています。

受注/クリア条件 武闘家に転職している
No.068「弐の試練」をクリア済み
シリーズ名 偉大なる武闘家の足跡
依頼NPC ジュレットの町 D6「ヤーン」さん
所要時間 15~20分程度
初回報酬 ぶとうぎ
経験値の古文書・武闘 4
スキルポイント 武闘家の各スキル 20
経験値: 6180 / 名声値: 103
クエスト実装日 2012年 8月 13日 (Ver.1.0 追加配信)
スポンサーリンク(広告)

クエスト手順

ジュレットの町 D6 にいる「ヤーン」さんより受注

  1. だいじなものから「超天遊戯ー参の書ー」を使い、そこに書かれている場所へ行く(下記参照)
  2. 1で訪れた場所の周辺にいる「マージスター」を 5匹、「武器、盾を装備していない状態」でとどめをさして倒す
  3. ジュレットの町 D6 にいる「ヤーン」さんに報告するとカットシーン(ムービー)の途中でクリア

このクエストにはちょっとした謎解き要素があります。「超天遊戯ー参の書ー」を使うとヒントが表示されますが、わからない場合はクリックしてお読みください。

答えを表示する
オーグリード大陸の「ギルザッド地方」にある「入り江の集落」です。

ガートラント領

ガートラント領

ギルザッド地方」へ初めて行く場合は「ガートラント城下町」から外へ出て「ガートラント領」の円状の部分をぐるっと南へ回ると、E8 に「ギルザッド地方」への入り口があります。(少し遠回りになるものの「ギルザッド地方」への道は他にもあります) 一度でも「ギルザッド地方」に行ったことがあれば、バシっ娘で「入り江の集落」に直接移動できます。

このクエストは、武闘家で受注すれば、戦闘は他の職業で進めてもクリア可能です。

スポンサーリンク(広告)

戦闘の攻略

マージスターと戦うことになりますが、「武器、盾を装備していない状態」で「とどめをさす」必要があります。完全に素手の状態であれば、特技を使ってもいいので「格闘」スキルを上げて「ばくれつけん」を使えるようにしておくと楽です。サポート仲間が倒してしまわないように、作戦は「わたしにまかせて」「おれにまかせろ」にしておきましょう。

とどめをさす」ときに素手であれば問題はありません。最初は武器を持ってHPを削り、敵のHPがオレンジ色になってから素手になってもいいのですが、突発的な会心の一撃が出て倒してしまうこともあり得るので、「ばくれつけん」を繰り返すだけが、結果的には良いと思います。

また、このクエストは必ずしも武闘家で倒す必要はありません。たとえば武闘家はLv30程度でまだ弱いというような場合、他の「ばくれつけん」を使える職業で挑んでも大丈夫です。

スポンサーリンク(広告)

クエスト動画

このクエストを実際にプレイしている動画です。ご覧になる際はネタバレにご注意ください。
スポンサーリンク(広告)

クエスト解説

今回の解説には、ストーリーの詳しい内容、謎解きなどのネタバレを含む表現が含まれます。ネタバレを好まない方はご注意ください

武闘家職業クエスト偉大なる武闘家の足跡」第3話です。

今回も「超天遊戯ー参の書ー」に書かれているヒントをもとに、入り江の集落へ行くと、その本に修行内容が浮かび上がってくるという仕掛けです。前回は「ためる」を使ってテンションを上げて倒すという条件でしたが、今回は武器や盾を装備しない状態で倒すという条件です。

その修行を始める前に、前回少し姿を見せたガウラドさんが現れます。彼によると、ヤーンさんは「超天道士の名を継ぐための修行」を、他人にやらせていると言います。ガウラドさん超天道士に憧れていて「代われるものなら 代わりたい」くらいだそうです。えっ?代わりましょうか?

修行を終えて、ヤーンさんに報告すると、再びガウラドさんが登場します。そこで明かされるのですが、ヤーンさんは「超天道士様が その生涯で 唯一の弟子と認めた お方」なのだそうです。そんなすごい武闘家が、なんでジュレットくんだりで遊んでいるんだって話ですが、このまま修行を続けさせると、修行者は死に至る危険があると言うのです。えっ?ほんと代わりますよ、ガウラドさん

なんでも次の「超天遊戯」は「死の書」だそうで、まあ「」と「」をかけているわけですね。ここはアストルティアなのに、なぜ日本語の漢字の音が関係あるのか、ちょっと意味がわかりませんが、ヤーンさんも思いっきり「」とか描かれた服を着ていますしw

そして、修行は後戻りのできないところまで進んでしまい、超天道士のチカラの多くがすでに備わってしまっていると。その状態で最後の修行を果たせなかった場合は、内なるチカラの暴走に耐え切れず、そうなると死あるのみなのだそうです。

いつの間に超天道士のチカラが備わったのでしょう。ここまでの修行って、ばくだん岩をくだきベロニャーゴをテンションを上げて倒しマージスターを素手で倒しただけなんですが…w

ともあれ、修行を続けないと死ぬという話なので、次もやるしかなさそうです。もっとも、何年も次のクエストを受注しなかったとしても、いきなり死んだりはしません

さて、このクエストのクリアで、武闘家の職業装備一式が揃います。一式といっても、前回もらった「ちからのゆびわ」はアクセサリーですし、からだ上、足の2点しかありませんがw

これが武闘家の職業装備です

これが武闘家の職業装備です

ただ、Lv30装備なので、装備としての性能はそれほど高くはありません。見た目装備としての用途が主になりますが、一度手に入れれば、港町レンドア南メギストリスの都にいる「取り寄せ商」から、☆なしを各100Gで再入手できますので、メタル迷宮などで着て結晶化(「汗と涙の結晶」を取り出し)してしまうのが良いでしょう。あなたが錬金職人、または錬金依頼を頼めるフレンドさんなどがいれば、適当な錬金をつけてから装備して、結晶化した方が、取り出せる「汗と涙の結晶」の数が増えます。

今回のクエスト「名を継ぐ者」のクリアは、職業クエストシリーズ「偉大なる武闘家の足跡」第4話「生か死か」の受注条件となります。

   
Astoltia Side (DQ10)クエストガイド武闘家転職・職業

この記事へのコメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました