No.071「ヤーン 涙の鉄拳」

このページは約6分で読めます。
記事内容は掲載日時点で判明している情報に基づきます。過去の記事は、最新の内容ではない点にご留意ください。掲載後にゲーム内で仕様変更等が行われることもあります。仮説等は掲載後に異なる事実が判明していることもあります。
Astoltia Side (DQ10)クエストガイド武闘家転職・職業
 
No.071「ヤーン 涙の鉄拳」

No.071「ヤーン 涙の鉄拳」

この「ドラクエ10 クエストガイド」は、そのクエストの概要(初回報酬など)、クリアまでの手順動画解説(感想、考察など)で構成しています。攻略手順では具体的なストーリー内容に触れてはいませんが、動画や解説をご覧になる際は、そのクエストおよび関連するメインストーリーなどのネタバレにご注意ください。

ドラクエ10 クエストガイド を初めてご覧になる方は、記載方法などの概要について「ドラクエ10 クエストガイド…のガイド」をご確認ください。

スポンサーリンク(広告)

クエスト概要

※報酬などの内容は、動画収録時点のものです。
※リプレイ報酬、特訓ポイント報酬については説明を省略しています。

受注/クリア条件 武闘家に転職している
No.070「生か死か」をクリア済み
シリーズ名 偉大なる武闘家の足跡
依頼NPC ジュレットの町 D6「ヤーン」さん
所要時間 15~20分程度
初回報酬 武闘家の証
経験値の古文書・武闘 6
スキルポイント 武闘家の各スキル 20
経験値: 7900 / 名声値: 172
クエスト実装日 2012年 8月 20日 (Ver.1.0 追加配信)
スポンサーリンク(広告)

クエスト手順

ジュレットの町 D6 にいる「ヤーン」さんより受注

  1. ランガーオ山地 にある ロンダの氷穴 の最奥、ガラガの穴 へ行き、カットシーン(ムービー)後にボス戦、勝利するとさらにカットシーン
  2. 娯楽島ラッカラン のコロシアム前にいる「グララ」さんに話すと、カットシーン後にボス戦、勝利するとカットシーン、その途中でクリア

まだランガーオ山地に行ったことがなければ、まずはランガーオ村を目指してください。ランガーオ村にはストーリーやクエストで訪れることもあるので、その際に馬車(行商人)やバシっ娘で移動できるよう、一度村に入っておきましょう。

ランガーオ村へのアクセス(クリックで表示)
ランガーオ村」は、オーガで冒険を始めた場合の「初期村」です。

他種族で、まだ「ランガーオ村」へ行ったことがなければ、「グレン城下町」を東から出て「グレン領東」へ行き、ずっと北上して F1 から「獅子門」を北へ通り抜けて D1 から「ランガーオ山地」へ行き、さらに北上して D1 から「ランガーオ村」へ行きましょう。

ロンダの氷穴は、ランガーオ村の西 A3 から行けます。ロンダの氷穴に入ったら、まず F2分岐を南へ進みます。あとは道なりに地下3階まで進んでいけば、最奥にガラガの穴があります。

このクエストは、武闘家で受注すれば、戦闘は他の職業で進めてもクリア可能です。

スポンサーリンク(広告)

戦闘の攻略

ネタバレを含むため、それぞれ開いてご覧ください。

ボス戦1回目の詳細を見る

武闘魔ガウラド との戦闘になります。「おたけび」でおびえ状態にしてきたり、土属性ダメージを伴う「じひびき」で転ばされたり、行動不能にされることがあるので、要注意です。「じひびき」はすぐに離れることで回避できます。また、テンションを上げる特技をよく使用するため、テンションが乗った状態で攻撃を受けると、思わぬ大ダメージを受ける危険もあります。落ち着いて行動しましょう。

ボス戦2回目の詳細を見る
超天道士ヤーン と1対1での戦闘になります。サポート仲間もいないため、回復手段を必ず用意しておきましょう。武闘家で挑むなら「きあい」スキルを90Pまで振っていれば「めいそう」を使えます。さいだいHPの50%程度という回復量なので、うまく活用しながら戦いましょう。

余談ですが、Ver.4.5前期で「めいそう」の効果が変更(従来はHP80~回復→さいだいHPの50%程度回復)された際、ヤーンさんが使う「めいそう」の回復量も同様に変更されてしまい、一度めいそうを使われると600程度も回復されてしまうという、FC版ドラクエ2のシドーに似た状況になっていたそうです。その後のアップデートで修正され、2023年現在、ヤーンさんの「めいそう」は、それほど回復しませんので、ご安心くださいw

とはいえ、第4話までのクリアにより、武闘家の全スキルを80P以上振れているはずなので、ちゃんとした武器と、その程度のスキルがあれば普通に勝てます。動画ではLv49の武闘家で挑みましたが、ためる弐を2回使ってスーパーハイテンション状態になり、そこからの一閃突きであっさり倒せてしまいました。

スポンサーリンク(広告)

クエスト動画

このクエストを実際にプレイしている動画です。ご覧になる際はネタバレにご注意ください。
スポンサーリンク(広告)

クエスト解説

今回の解説には、ストーリーの詳しい内容、謎解きなどのネタバレを含む表現が含まれます。ネタバレを好まない方はご注意ください

武闘家職業クエスト偉大なる武闘家の足跡」第5話です。

ガウラドさんは「超天道士を名乗る者を殺し その名に宿りし チカラを得る」という使命により、魔界から来たことが明らかになります。先代の超天道士に近付くも、すでに病気で死期が近い状態。完全な超天道士でなければ倒す意味がないと、その「超天道士」の後継者となり得るヤーンさんと暮らしながら、彼がその名を受け継ぐのを待っていたといいます。

つまり、ヤーンさんが「超天道士」の名を受け継いだとき、ヤーンさんを殺して「超天道士」のチカラを得る、というのが、ガウラドさんの本来の目的でした。ところが、ヤーンさんの修行を支えながら一緒に暮らしていくうち、そこには楽しさも芽生え、それがガウラドさんにとって生きがいにすらなっていたフシもあります。それでも最終的には、己の使命を優先する道を選び、ヤーンさんに勝負を挑み、敗北して息絶えるのでした……

本来は敵対する相手の懐に素性を偽って入り込み油断させておいて寝首を掻く、というような話はたくさんありますが、ガウラドさんの場合は、その相手の修行を支えて「超天道士」を受け継ぐのを待ち(つまり相手がさらに強くなるために協力して)、その上で真っ向から勝負を挑むというもので、相手のスキに付け入るというような卑怯な攻撃とは違うんですよね。

誰から与えられた使命なのかはわかりませんが、清々しいまでに正々堂々とした態度で戦い、敗れて、「せめて 最期は……。あなたの知る姿で……。」と、オーガの姿になって……消えていきました。使命とは全く関係ないにも関わらず、先代から託された武闘家の証を、後生大事に守りながら……

さて、動画では少しふざけてしまいましたが、2023年現在、ヤーンさんが弱すぎますw

ごめんなさいってばww

ごめんなさいってばww

基本職のクエストは、Ver.1.0時代に実装されたため、相対的にバトルの難易度が低いのは仕方がないですし、サポート仲間が強いこともやむを得ないのですが、ヤーンさんについては、主人公ひとりで挑むにもかかわらず、Lv50にも満たない状況であっさり一撃で倒せてしまうので、どうも超天道士が強い存在という前提に全く説得力がないのです。HPは今の3倍くらいあってもいいし、せめて「めいそう」を数回使わざるを得ない程度には、強くしても問題ない気がしますが、他のクエストとの兼ね合いもあって難しいのでしょうかね。

ヤーンさんが主人公に修行をさせ、超天道士の名を受け継がせようとした目的は、「超天道士」になった主人公に自らが勝利することで、「名前が強さを もたらすわけじゃない。強さってのは 人に宿るってこと」を証明するためだったそうです。結果的には自身が「超天道士」になり、逆に主人公が彼に勝利したことで、その思惑を果たせたと、そういう話なんです。だからこそ、あえて言おう、弱すぎると!w

ちなみに、ヤーンさんとは、なぜか毎年の年末年始に戦うことになります。季節イベントの戦闘なので、それほど強いわけでもないですが、それでもこの武闘家クエストよりは強いですw

このクエストの報酬「武闘家の証」を装備すると「たまに 敵の攻撃を受けながし攻撃」、つまりカウンター攻撃するという効果があります。低確率とはいえ、ダメージを受けずに反撃できるので、証枠で他に使いたいアクセサリーがなければ、身に着けておいて良いと思います。

なお、武闘家の職業クエストシリーズ「偉大なる武闘家の足跡」は今回で完結となりますが、このクエスト「ヤーン 涙の鉄拳」のクリアは、魔界のとある都に到達してから受注できるようになるクエストNo.669「凶拳は天を超えるか」の受注条件となります。そう、まさかの続きがあるのです!

   
Astoltia Side (DQ10)クエストガイド武闘家転職・職業

この記事へのコメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました