ねじれたる愛の物語 ~ヴェリナード建国前夜~

スポンサーリンク
このページは約2分で読めます。
記事内容は掲載日時点で判明している情報に基づきます。
過去の記事は、最新の内容ではない点にご留意ください。
掲載後にゲーム内で仕様変更等が行われることもあります。
仮説等は掲載後に異なる事実が判明していることもあります。
ねじれたる愛の物語

ねじれたる愛の物語

今回はなかなか刺激的なタイトルです。

ねじれたる愛」とは一体なんでしょうか。
曲がりなりにも11歳を自称するルナクルが書いても良いのでしょうか←

ま、いいっしょ(軽)

ドラクエシリーズについては、やっぱりストーリーが好きで長年プレイしているわけですから、そのストーリー内容に言及したくなることもあります。Twitter等ではネタバレしないように配慮していますが、ここはわたしのサイトなので、書きたいことを書きます。ただし、今回の内容は、ほぼ最新のストーリーに関わるので、各ページにネタバレ警告を掲示しておきます。

ところで、Googleで「ねじれたる」を検索すると、レンダーシアに存在する「ねじれたる異形の大地」ばかり出てきます。「屈折した愛」とか「歪んだ愛」とか、そういうタイトルにしようと思っていましたが、ある意味ドラクエ10らしい表現ということで「ねじれたる愛の物語」にしておきましたw

なお、ヴェリナード建国にまつわるお話です。文字ばかりにならないよう、ゲーム画面のキャプチャを多用していますが、ここぞとばかりの長文ですのでご注意くださいw

今回の記事には、ドラクエ10 Ver.6.1のメインストーリー「暴かれし相貌」と、クエストNo.706「宝の価値」の重大なネタバレを含みます。また、Ver.6.2のストーリーを開始後に読むことのできる本棚の書物についても、その内容に触れている箇所があります。

この記事へのコメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました