Ver.6.4 特急メタル招待券など「いい地味」まとめ

このページは約4分で読めます。
記事内容は掲載日時点で判明している情報に基づきます。
過去の記事は、最新の内容ではない点にご留意ください。
掲載後にゲーム内で仕様変更等が行われることもあります。
仮説等は掲載後に異なる事実が判明していることもあります。
このページは 全3ページ中 3ページ目です

最初から読む

前のページへ

え?もう5000字超えた?ウソ!←

え?もう5000字超えた?ウソ!←

スポンサーリンク

変わるドラクエ10、変わらないドラクエ10

以前の記事でも書きましたが、安西ディレクターと小澤CPの体制になってから、結構かゆいところに手が届くような改修が多くなってきたように思っています。

ドラクエ10というのは、これまでの長年にわたる「ドラクエブランド」を背負う存在でもあり、その世界観などは特に大切にしなければならないでしょう。その一方で、オンラインゲームというのは長期間、長時間遊ぶことを前提に作られており、毎日何度も行うような操作も多数あります。それがストレスを感じるようになってきたりもします。

魔法の迷宮」というのは、実装以来10年以上、扉があって、隠し階があって、ボス部屋への通路があって、という構造をこれまでずっと貫いてきました。そういう世界観に基づいて設計されたからだと考えられますが、「チケットを渡せば即ボス部屋」というのは、10年ずっと変わらなかった構造を、大きく変えてしまうことにもつながるわけです。

世界観や「ドラクエらしさ」「ドラクエの文法」、言うまでもなくとても大切です。

その一方で、そういうことが足枷あしかせとなってしまい、大きく操作性を損なったり冒険者にストレスを感じさせたり、それもまた決して健全な状態とはいえません。オンラインゲームとして快適に遊べる、ということも同時に重要なことなのです。

今では「鉄の金庫」の存在により(当該クエストをクリアした冒険者にとっては)実質的に過去の話になりましたが、ドラクエ10のデスペナ(ここでは全滅時のペナルティのこと)は、従来のドラクエシリーズにあった「全滅するとゴールドが半分に」という原則を踏襲しつつ、さらに凶悪な仕様になっています。レベルパーセント分減少するという仕様です。つまりLv99なら所持金が1%しか残らないのです。

Lv100以上が実装された現在どうなっているかは未確認です。

鉄の金庫」の実装当時は、りっきー時代でしたが、定期的にゴールド銀行に預け忘れて大金をロストしたという報告が、Twitterなどを賑わせていました。オフラインと異なり、オンラインゲームで大金を失うことは、引退に繋がりかねないほどの重大事です。

かつてのオンラインゲームでは、代表的なデスペナは経験値の減少だったそうです。つまり、ある程度のところから育て直しとなってしまいます。

ドラクエ10は、経験値減少まで厳しくはないにせよ、従来のドラクエシリーズの「ゴールド半減」に、旧来からのオンラインゲーム独特の厳しさをブレンドしたようなデスペナが設定されています。開発当時の判断としては間違いではなかったと思いますが、ドラクエ10がゲームとして成熟していく過程において、これがプレイヤーのストレスや絶望感につながる局面も増えてきたわけです。

そこで、ドラクエ4にも登場した「鉄の金庫」というアイテムを再登場させることによって、世界観を損なうことなく、デスペナを事実上撤廃してしまい、ドラクエ10をより遊びやすくカジュアルな存在にしたというのは、今でも英断だったと思っています。

記事のまとめに入ったところで
突然脱線してしまいましたw

今回は、Ver.6.4アップデートで実装される、少し地味ながらもありがたい修正点をいくつかピックアップしてみました。何分にも強敵とのバトルを日常的に楽しんでいるわけではない、わたしの感想ですので、取り上げた内容は非常に偏っていますが、特急メタル招待券のところでは、獲得経験値などをしっかり計算してみました。お役に立てて頂けるとうれしいです!

もっとしっかりと、Ver.6.4のアップデート内容について、ライトプレイヤーの目線で説明したおすすめのブログを、この少し下で紹介しておきます!w

え?話が長い?キコエナイ←

え?話が長い?キコエナイ←

スポンサーリンク

Ver.6.4アップデート情報おすすめブログ!

あかり姉のフレンドぽってさんが、ブログをリニューアル再開しました!

ぽって部!」のリニューアルにあたっては、ほんのちょっとお手伝いさせてもらったのですが、わたしのこのブログのことまで少し触れて頂いたりなんかして、恐悦至極でござる!誰←

ということで、Ver.6.4のアップデート情報全般は「ぽって部!」が超おすすめです!

この記事へのコメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました